【婦人科から美容治療まで女性の悩みを幅広く解決する五十嵐レディースクリニックに直撃取材】|生田

神奈川県川崎市に位置する、生田。近隣には幼稚園から大学まで多くの学校が立ち並んでいます。駅近くのバス停には、学生服を着た少年少女たちを見る機会も多いことが特徴的な街です。緑豊かな街並みを歩くと子供達の元気な声が聞こえ、東京都と隣接している場所でありながらのどかな雰囲気が街全体から感じられます。

そんな神奈川県川崎市・生田に今年の7月1日から新たに開院したクリニックがあるのをご存知でしょうか?

『五十嵐レディースクリニック』は、五十嵐 豪院長が開院されたクリニックで女性が抱える悩みを広く解決したいという意思を持って診療に尽力しています。優しいピンクを基調としたクリニック内はやわらかな雰囲気に包まれており、女性がリラックスできそうなものでした。

また、婦人科クリニックと言われるとイメージされやすい“敷居の高さ”などを感じない明るく可愛らしいクリニックの雰囲気と、幅広い診療内容を用意しているため、抵抗感を感じずクリニックに足を運ぶことができます。女性だからこそ、抱える悩みに大きいも小さいもないですよね。でしたら、悩んだ際はすぐにでもクリニックに相談に行くのがベスト。

今回は『五十嵐レディースクリニック』に取材をさせていただき、五十嵐院長が考えるクリニックのあり方や今後の未来についてご紹介させていただきます。

五十嵐レディースクリニックの特徴

POINT1:五十嵐院長が医師を志した意図・産婦人科医で長年働いた経歴

「父が内科医であったことから、小さい頃から医師になることを考えていた」と語る五十嵐院長。地元が神奈川の小田原だったこともあり、聖マリアンナ大学に進学した五十嵐院長は、学生当初から産婦人科医になると決意していた訳ではなかったらしく、学内での交流を通して産婦人科に入局することを決めたとお聞きしました。

医者の中でも、人の生死に直接携わる人間になりたかったからこそ、入局するまでは専門分野を絞るまでに悩んでいた五十嵐院長が産婦人科という分野を選んだ理由があったようです。

それは、数ある診療科目の中でも産婦人科だけが患者様に対して「また来てね」と言えるということ。先輩医師からこの話を教えてもらった際に、産婦人科医になることを決意したとおっしゃっていました。産婦人科は医療の中でも、他とは毛色が違う分野です。誰かの病気を治すのではなく、母体から赤ちゃんを取り出し、新たな命が生まれる手助けをする場所。

五十嵐院長は、産婦人科医として同大学で約18年間勤務を続けていらっしゃいました。勤務医中は、実習生や研修生の指導に積極的に当たっていたらしく、「産婦人科のなかで、研修生の教育担当をするのは五十嵐院長しかいない」と大学側からお言葉を貰ったこともあるほど、学生に対する医療における指導が優れているお方。五十嵐院長が教育してきた学生の中でも、産婦人科に入局を決めた生徒も多かったとお聞きしました。

聖マリアンナ大学病院の産婦人科医として、長い間医療に従事してきた五十嵐院長はこの夏『五十嵐レディースクリニック』を開院。開院した意図は、大学病院に通わずとも町周辺の女性の方々が抱える悩みを相談できるクリニックをつくりたいと思ったからだとおっしゃっていました。

POINT2:美容治療も行う婦人科クリニックの在り方

『五十嵐レディースクリニック』では、妊婦健診や子宮がん検診をはじめとした一般的な婦人科の診療はもちろんのこと、フォトフェイシャルやダーマロップ、美容点滴も行なっています。

婦人科クリニックで、美容治療を行なっているクリニックはなかなかないですよね。このような治療を行なっている意図を、五十嵐院長にお聞きしたところ「僕自身が女性医学を専門的に勉強してきたからこそ、更年期の悩みをもつ女性の方に対して、見た目が美しくなることによって心のケアができたらいいと思ったので、取り入れ始めました」とおっしゃっていました。

そのため、『五十嵐レディースクリニック』で多なっている美容治療では、手や顔の肌改善治療を積極的に取り組んでおり、スキンケア用品なども取り揃えているようでした。女性の患者様の心のケアを大事に考えている五十嵐院長。美容治療で扱っている製品はどれも、女性スタッフが実際に試して効果のあるものを導入しているとお聞きしました。

大学病院で勤務していた際に、学生達の教育指導を行なっていた五十嵐院長。当時の経験から『五十嵐レディースクリニック』で働くスタッフの方達に対しても、働きやすい環境づくりを意識しています。女性スタッフ自ら、積極的に美容治療を試したり、よりよい製品を見つけたら院長に相談に来ることもあるようでした。それも全て、五十嵐院長が女性にとってよりよいライフスタイルとは何かと考えていらっしゃるから。

『五十嵐レディースクリニック』で働いていらっしゃる女性スタッフの方々も、明るく優しい方たちばかり。クリニックの雰囲気がいいと感じたのは、ここで働くスタッフ達が笑顔で働いているのもあるのでしょう。

POINT3:クリニックが目指す未来

2020年7月1日に開院した『五十嵐レディースクリニック』。今後は10代・20代の若い世代の方々が気軽に通えるようなクリニックにしていきたいと考えているとお聞きしました。女性医学の専門医である五十嵐院長は、女性ホルモン異常や月経前症候群・更年期障害などで悩む女性の声を勤務医の頃に聞いてきており、知識・経験ともに豊富に積んできた方です。

また、大学病院では若い女性の方々の望まない妊娠や乳児院に行くことを余儀なくされた赤ちゃんを見てきたからこそ、若い女性の“正しい性教育への理解”が必要だと考えている五十嵐院長。生田近隣の学校に通う生徒達にも何かしらのアプローチがかけられたらと思っていらっしゃるようでした。

クリニックの近くに、五十嵐院長が長年勤務しておりました聖マリアンナ医科大学・大学病院があるからこそ、大学との連携も視野に入れているとお聞きしました。大学病院からほど近い場所に『五十嵐レディースクリニック』を開院した理由も、川崎周辺在住の方たちが大学病院に行く以外、クリニックがないという現状があったから。

後々は聖マリアンナ大学と連携を取りながら、多くの患者様を迎えていきたいと考える五十嵐院長。最終的にご自身が行いたいのは、生まれてきた赤ちゃんの健やかな未来を支える支援だそうです。若い世代の望まない妊娠によって、施設に預けられてしまう赤ちゃん達が生まれた境遇がゆえに、子供の未来が狭まってしまう現状を悔しく思うからこそ、彼らに対して進路支援などをしていけるようになりたいとおっしゃっていました。

『五十嵐レディースクリニック』はこれからがスタートであり、今後神奈川県川崎周辺の全ての女性が気軽に相談しに行くことができる、女性の明るい未来のためのクリニックになることでしょう。

五十嵐レディースクリニックへのアクセス

クリニック詳細

【名称】五十嵐レディースクリニック

【住所】〒214-0036 神奈川県川崎市多摩区南生田4-6-6 南生田医療モール1F

【電話番号】044-948-9100

【診療時間】月~木 9:00~13:00/14:00~18:00(受付時間は診療時間終了の1時間前まで)

土 9:00~13:00(受付時間は診療時間終了の1時間前まで)

【休診日】金曜

【アクセス】小田急小田原線「生田駅」から川崎市バス乗車「生田高校前」から徒歩5分

小田急小田原線「百合ヶ丘駅」から川崎市バス乗車「百合ヶ丘高校前」から徒歩7分

小田急小田原線「新百合ヶ丘駅」から川崎市バス乗車「百合ヶ丘高校前」から徒歩7分

【駐車場】クリニック前に駐車場あり

五十嵐レディースクリニックのコロナ対策

五十嵐レディースクリニックでは以下のコロナ対策を行っています。

■受付にフィルムシールドの設置

■受付にアルコール消毒の設置

■来院時に体温測定の実施

■マスク着用の徹底

ライターから一言

神奈川県川崎市生田にある婦人科・産婦人科クリニック『五十嵐レディースクリニック』に取材をさせていただきました。『五十嵐レディースクリニック』2020年7月1日に開院した新しいレディースクリニックです。

クリニック内も優しい色合いの内装で入った瞬間に安心感を覚えるもの。女性スタッフの方々も明るく笑顔が印象的な方も多く、婦人科クリニックがもつ敷居の高さや入りにくさなどは全く感じませんでした。

五十嵐院長も気さくで明るい性格の方で、取材を通してお話をさせていただく間も常に笑顔が見られる先生。優しい御心が見える五十嵐院長は、開院まで聖マリアンナ医科大学病院で長年産婦人科医として勤務されていました。開院を機に、五十嵐院長の専門である女性医学の方面から、生理や女性ホルモンの悩みを女性の世代を問わず解決していきたいと考えていらっしゃるようでした。

女性が持つさまざまな悩みは、10代から50代まで幅広い世代の方々が持っているもの。誰かに相談するのは、恥ずかしいと思う気持ちは捨てて、レディースクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか?

『五十嵐レディースクリニック』では、女性患者様の持つ小さな悩みにもお応えします。

関連キーワード
医療, 婦人科・産科の関連記事
  • 【新宿で隆鼻術の施術が受けられる美容外科クリニック3選】|新宿
  • 【東京にあるレディースクリニック厳選3選!|学芸大学】
  • 【“ワンちゃんやネコちゃんだけでなく飼い主さんも笑顔に”江東どうぶつ医療センター】
  • 【新宿にある美容外科クリニックで埋没法の二重整形施術が受けられる医院はココ】|新宿
  • 【“一般内科から脳神経内科まで”大塚南口駅前脳神経内科クリニック|大塚】
  • 【婦人科から美容治療まで女性の悩みを幅広く解決する五十嵐レディースクリニックに直撃取材】|生田
おすすめの記事