【アート目線で歯科治療を施す院長が吉祥寺に開院して10年!】専門医によるハイスキルな治療を行うアキュラデンタルクリニック|吉祥寺

吉祥寺駅から出て、 サンロードを歩き左に曲がると見えるコピス吉祥寺。そのA館2階に足を運ぶと、イルカが描かれたクリニックにたどり着きます。『アキュラデンタルクリニック』は、2010年に開院した歯科クリニックです。

2匹のイルカが優雅に跳ねる様は歯の形を模しており、どこかアーティスティックな雰囲気を感じました。ロゴデザインは飯塚院長自ら考案したものらしく、院長先生のこだわりとクリニックに対する愛を見て取れます。

今回は『アキュラデンタルクリニック』に取材をさせていただき、直接クリニックの魅力について飯塚院長に直接お話を伺うことに成功。

“専門以外の治療は決してしない”と断言する飯塚院長の強い意志はどこからきたのでしょうか。『アキュラデンタルクリニック』が患者様と接する上でなにを大切にしているのかをお聞きすることで、先生のたくましく芯のあるお言葉に感銘を受けました。

かつてデザイナーを目指したからこそ持つアーティスティックな目線が、歯科治療にも大きな役割を果たしていると感じる取材でした。専門的かつ確実な治療を心がけるからこそ、患者様に対してベストな状態を提供することが可能な『アキュラデンタルクリニック』。

そんな『アキュラデンタルクリニック』と飯塚院長の魅力をたっぷりご紹介させていただきます。

アキュラデンタルクリニックの特徴

POINT1:飯塚先生が医師を目指された意図

歯科医師の父を持つ飯塚院長は、歯科医師になる未来と共に目指していたものがありました。それが“デザイナー”の道でした。自分が納得がいくものをつくりたいと考えるからこそ、デザイナーという道を志したことがあるとおっしゃっていました。

“これはいいものだ”と納得するのは難しいことです。自信を持って100%いいものだと言い切れるものを生み出すために、その道を目指すことを考えていた飯塚院長ですが歯科医師になることを決めたことにもきっかけがありました。

それは飯塚院長が大学4年生の頃、母校大学病院の院長に親知らずを抜いていただいた際、そこで働く多くの医師の姿を見たことが転機だったようです。

直接歯科医療の現場を肌で感じたことで、歯科医師になることに憧れと意欲を持ち、熱心に勉学に励んだ飯塚院長は大学卒業後、東京女子医科大学の歯科口腔外科に入局し、口腔外科手術学・救命救急の経験を積みました。

その後それまでの経験の中であまり得意ではなかった部分を埋めるため、東京歯科大学の大学院に入学し、歯科補綴学を学んだと語る飯塚院長。

歯科補綴学とは、虫歯や歯周病・事故などで歯が欠けてしまった場合に補綴装置を使用して口の機能や見た目の美しさを整えることを専門的に学ぶ臨床歯科医学の一分野のこと。補綴には、詰め物や被せ物・義歯・インプラント・ブリッジなどを装置として使用します。

口腔外科学・歯科補綴学を専門的に研究を行なった飯塚院長は、インプラントや審美歯科のスペシャリスト。学生時代から熱心に勉強を続けたことで、現在も患者様にとってより機能性の高く美しい歯を提供することに尽力されています。

POINT2:こだわりを持ったクリニックと患者様とのコミュニケーション

2010年に開院した『アキュラデンタルクリニック』。“癒し”をテーマにして、クリニックを開院することを決めたと語る飯塚院長。

アキュラというクリニック名は造語らしく、癒し(水・Aqua)に包まれる(オーラ・Aura)という意味で二つの言葉を掛け合わせて生まれたそうです。内装にもこだわり、白を基調としたクリニック内はコンパクトながらリラックスできる空間。天井は診察室以外黒でまとめており、配色にもこだわりを感じるクリニックです。

『アキュラデンタルクリニック』では、患者様とのコミュニケーションからひとりひとりに最適な治療を提供しています。特にインプラント治療では、患者様の歯の未来を考えながら、アレンジがきく治療を行うことを心がけているようです。

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込み人工歯を取り付ける治療。強度のある固定をしているので、強く噛むことも可能なため美味しく食事を楽しむことができるだけでなく、見た目も天然の歯のような美しさがあるので周りの目も気になりません。

その代わりに、インプラントは周囲の歯肉・骨が健康な歯ではないと行えない外科治療になっていますので、担当医師の的確な判断と専門的な技術が必要です。

『アキュラデンタルクリニック』では、歯科用CTを採用しており術前に患者様と3次元的シュミレーションを行なっています。患者様の歯の並びや健康状態を見ながら、設計を立てて施術を行う際にも患者様の歯が今後どういう状態になるかわからないからこそ、患者様の先の未来を見据えながら治療に当たっているとお聞きしました。

患者様にクリニックに通っているという意識を持たず癒されてもらうことを意識しながら、飯塚院長は患者様の歯にあった最適な治療を行っています。

POINT3:今後の展望

『アキュラデンタルクリニック』は開院して今年で10年。

「常に進化系でいたい」と語る飯塚院長は、大学病院で行なっている先端治療にも目を向けています。定期的に学会や勉強会に参加することで、歯科医療の最先端を知識に蓄えながら『アキュラデンタルクリニック』にも活用しているようです。

時代に合わせた知識や技術が重要だと考えるからこそ、院長として日々多くの患者様の治療を行なっている今でも勉強を続けています。

「確実じゃないことはやらない。それがクオリティというものです」と語る飯塚院長。

アメリカやヨーロッパをはじめとした諸外国で発見される新しい歯科技術が全て日本で適用しているとは限りません。だからこそ、日本の大学病院で研究し実際に取り入れられている新しい歯科治療技術の中から、確実に行うことができるものだけを採用している飯塚院長。それは、患者様に対して納得のいく最高峰の施術を行いたいという飯塚院長の強い意思からきていらっしゃいます。

『アキュラデンタルクリニック』はこの先も進化を続けていくことでしょう。もちろんベースになる飯塚院長の揺るがぬ思いと努力があるからこそ、バージョンアップが期待できます。吉祥寺という街に、生き続ける専門的でプロフェッショナルな技術は、街周辺に住む人々だけでなく多くの人にも影響を与え続けると感じました。

アキュラデンタルクリニックへのアクセス

クリニック詳細

【名称】アキュラデンタルクリニック

【住所】〒180-0004  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 F&Fビル(コピス吉祥寺A館) 2F

【電話番号】0422-21-9948

【診療時間】[月・火・木・金・日] 10:00~13:00/15:00~20:00

                     [土] 10:00~13:00/14:30~17:00

【休診日】水・祝日

【アクセス】JR中央線・総武線・京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩2分

【駐車場】コピス吉祥寺地下に提携駐車場(有料)あり

ライターからの一言

「飯塚院長は芯がしっかりとした、歯科治療のスペシャリストだ」と取材を通して感じました。

はっきりとしたお言葉で話す姿はたくましく、ご本人の強い意思が写し出されており話を聞いている私も感銘を受けるものばかりでした。患者様に対して質の高い治療を施したいと願うからこそ、『アキュラデンタルクリニック』は来院される方々に安心感を与えることが可能なのだと思います。

飯塚院長は知識・技術ともに豊富で常に前進を続けている方です。だからこそ時代に取り残されることなく10年もの間、吉祥寺周辺の街でクリニックを続けることができるのでしょう。もちろん今よりもより高みへ、この先も『アキュラデンタルクリニック』はグレードアップしていくことでしょう。

デザイナーを目指していた経緯があるからこそ、歯をデザインするという観点から治療に向かうことが可能なのだと感じました。歯ひとつを見るだけでなく、口全体を見ながら、歯のバランス・並び方まで配慮してよりよい生活のために患者様の歯を進化させる。それが、『アキュラデンタルクリニック』の強い魅力なのではないでしょうか。

吉祥寺周辺にお住いの方はもちろんですが、吉祥寺に足を運ぶことが多い方々。自身の歯に悩みをお持ちであれば、『アキュラデンタルクリニック』の飯塚院長のもとで診察・治療を受けてみてください。

きっとみなさまの歯がたくましく美しい歯になることでしょう。

関連キーワード
歯医者, 医療の関連記事
  • 【“抜かない治療を目指して”デンタルクリニックアレーズ銀座】
  • 【歯の噛み合わせを改善して健康で美しいカラダに!『ナグモ歯科 赤坂クリニック』へ直撃取材!】
  • 【アート目線で歯科治療を施す院長が吉祥寺に開院して10年!】専門医によるハイスキルな治療を行うアキュラデンタルクリニック|吉祥寺
  • 【“丁寧なカウンセリングで常に患者さん目線を大切に”ピアシティ大利根歯科|栗橋】
  • 【池袋周辺の方をはじめ、遠方の方も安心して足を運べる歯科医院!クリア歯科 池袋院に直撃取材!】|池袋
  • 【お子様の歯の明るい未来をサポート!麻布十番にある『こどもと女性の歯科クリニック』に直撃取材】|麻布十番
おすすめの記事