【3大副都心新宿大手スニーカーセレクトショップ】| 厳選3選

3大副都心の1つ新宿。東京に住んでいれば、誰もが当たり前のように行ったことのあるこの街は、いつも人で賑わい様々な施設やお店が並ぶ。今回はそんな都会らしい色味の新宿からおすすめの大手靴屋厳選3選紹介していきます。

atmos shinjuku (アトモス 新宿店)


(引用元:atmosより抜粋)

絶大な支持

同系列約30店舗。「CHAPTER」や「kinetics」を同社とし、中心核となっているストア。約100ブランドを取り扱うマンモス級のセレクトショップ。特にNIKEには力を入れており、NIKEの商品数は全体の6割以上。NIKEだけで年間約1,800種類のアイテムを販売します。セレクトとしてナショナルブランドのスニーカーを中心に取り扱う。
商品力の強さから国内の枠をはみ出し国外からもスニーカーヘッズから絶大な支持を得る、日本を代表するセレクトショップです。

コラボ


(引用元:atmosより抜粋)

世界的メーカー、インフルエンサーを通してシーズンで6~10アイテムをつくる。スニーカーだけでなく、Tシャツを作ったりイベントでのコラボと、今までのスニーカーショップとは一線を画します。

判断基準は「知り合いか、知り合いじゃないか」「面白いか、面白くないか」。面白くないものばかり売っていると、“面白くないお店”になってしまうという精神のもと、今を生きるヘッズたちの心を鷲掴みにする商品を提供してくれます。

NIKE


(引用元:8469スニーカーズより抜粋)

NIKEとのコラボ商品を販売します。スニーカーのセレクトショップとしては快挙。コンスタントにNIKEとのコラボはなかなかできません。たまにコラボすることはあってもコンスタントにコラボするブランドといえばsupremeやCOMME des GARCONSくらいです。もちろん販路はatmosのみ。ここでしか手に入らない商品を販売します。

店舗詳細

名称 atmos shinjuku (アトモス 新宿店)
住所 東京都新宿区新宿4丁目1−1 新宿サウスアヴェニュー 1F
電話番号 03-6457-8755
営業時間 11:00~21:00
定休日 無し
ジャンル ショッピング
アクセス 新宿駅徒歩5分
駐車場 無し

ライターから一言

今やワールドワイドで絶大な支持を誇り、他社では到底真似できない在り方をするatmos。確かな商品力でむかえいれてくれます。是非、足を運んでみてください。

BILLY’S ENT SHINJUKU (ビリーズ エンター 新宿)


(引用元:SHOES MASTERより抜粋)

コンセプトショップ

ABCマートがファッション愛好家に向けた新コンセプトショップ「BILLY’S ENT(ビリーズ エンター)」。1991年ABCマートがVANSの国内総代理店に就任。このような経緯もありVANSの取り扱いは国内でも特に強い。
東京から世界へ洗練された本質だけを発信し続ける」がコンセプト。変わり続けるものと変わらないものの融合。東京のカルチャーの特徴。このカルチャーを世界でも随一の、とても優れたインディペンデントな存在の中心へ。独自性とファッションへの情熱を持ち、時代の空気に合わせて繊細に進化を続けていくシーンに寄り添える靴を提供する。

VANS


(引用元:SHOES MASTERより抜粋)
取り扱い店舗が限定されているファッションライン「VANS VAULT(バンズ ボルト)」やBILLY’Sのみで展開するエクスクルーシブモデルを展開する。Pro Skateシリーズも豊富にあり、RESISSUEの作りもエクスクルーシブとして数多く作りがあります。
国内でVANSを買うならまずはここ。とてもおすすめです。

米国ブーツメイカー


(引用元:Dannerより抜粋)

近年スニーカーブームということもあり、靴を取り扱セレクトショップの大半はスニーカー一色たん。そんな中BILLY’S ENT は異質な相方を醸し出す。

ABCマートが2012年7月6日米国のブーツメーカーLaCrosse Footwear, Inc.本社を買収。知名度の高いブランドだと「Danner」など。その経緯もあり店頭には国内販路がABC系列のみのブーツが並ぶ。

「Danner」といえば1932年に創業され、世界で初めての防水素材「GORE-TEX」を使用したアウトドアブーツを展開したブランド。近年は北欧を中心にライフスタイルシューズとしても浸透しているブランドです。近々では音楽を売らない音楽レーベルとして話題になった国内架空のレーベル「TACOMA FUJI RECORDS」とクロスオーバー。もちろんBILLY’S ENTも販路に含まれる。

店舗詳細

名称 BILLY’S ENT SHINJUKU (ビリーズ エンター 新宿)
住所 東京都新宿区新宿3丁目34−12
電話番号 03-5361-8933
営業時間 11:00~20:00
定休日 無し
ジャンル ショッピング
アクセス 新宿駅徒歩5分
駐車場 無し

ライターから一言

BILLY’S ENT SHINJUKU (ビリーズ エンター 新宿)は2階にわけてフェイスが綺麗に並びとても見やすい。1階は比較的ハイテクのスニーカーや新商品。2階にはローテクの商品が並び自分の目的に沿ってすんなり買い物を進めることができる。ストレスのない空間でとてもおすすめです。

UNDEFEATED ルミネエスト新宿


(引用元:SONAR TOKYO SHOPSより抜粋)

ファイヴストライクス

ロサンゼルスのスニーカーショップ。全世界に衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ「9・11」。 それから一年後の2002年9月11日、「UNDEFEATED=俺たちは絶対に負けない、いかなる脅威にも屈しない」という強いスローガンのもと、ブランドのロゴマーク、ファイヴストライクス(比喩表現で「勝利」を掲げアウトプットし続けるショップ。
新宿店では本国のデザイナーが手がけたウッドを基調とし、スニーカーや洋服、小物が絶妙なバランスで並ぶ。
LUMINEとの共同イベントや単独でのイベントも多々あり、日々見逃せない店舗になっている。

飽きのこないセレクト


(引用元:SONAR TOKYO SHOPSより抜粋)
商品ラインナップとしてはブランドが満遍なく並ぶ。定番の商品はもちろん抽選のかかる商品も入荷有り。多種多様で、ハイテクのスニーカーからローテクのスニーカー、オールドスクールなスタイルの人間からハイスクールなスタイルな人間まで。様々なキャラクターが足を運べるショップとなっている。
コンスタントに商品が変わるため飽きがこない店舗。

アパレル


(引用元:SONAR TOKYO SHOPSより抜粋)
アパレル、メンズの取り扱いはある程度の店舗では有りますが、ここUNDEFEATED ルミネエスト新宿ではウィメンズのラインナップ、サイズも充実。スニーカーに似合うアイテムが簡単に手に入るため、今まで以上に女性もスニーカーを楽しむことができる。
実はUNDEFEATED、店鋪単位でシューズの売上構成比は現在2015年の3分の1程度。近年ではアパレルのラインも浸透してきている。本国のブランディングにより、オリジナルアイテムのブランド力が優れているので、今注目のブランドとなっています。

店舗詳細

名称 UNDEFEATED ルミネエスト新宿
住所 東京都新宿区新宿3丁目38−1 ルミネエスト新宿5F
電話番号 03-6274-8491
営業時間 11:00~21:30
定休日 無し
ジャンル ショッピング
アクセス 新宿駅徒歩5分
駐車場 無し

ライターから一言

UNDEFEATEDと他ブランドの商品のクロスオーバーもあるため非常に面白い。Beats by Dr.Dreなど靴以外との商品も非常にクオリティが高く靴にあまり興味がない人でも目が離せないブランドとなっています。
是非足を運んでみてください。

関連キーワード
ショッピングの関連記事
  • 【東京にある奇想天外な驚きの本屋を大特集!本を売るだけの時代はもう終わった!?】東京のおもしろ本屋3選|東京
  • 【今買わなくていつ買う?昨日よりも可愛い自分になれるコスメを揃える!】都内のNEWオープンのコスメストア|東京
  • 【3大副都心新宿大手スニーカーセレクトショップ】| 厳選3選
  • 【日々の色味をよりあなたらしく 自由が丘 家具】|厳選3選
  • 【玄人も楽しむ入りやすい古着屋吉祥寺】| 厳選3選
  • 【都内忙しく働く大人の味方野菜不足必見!】| 都内八百屋厳選3選
おすすめの記事