【中目黒の四代目院長を独占取材‼️】有馬歯科医院|中目黒

あなたが初めて歯を磨いたのはいつですか?と聞かれて答えられる人は少ないではないだろうか。

なぜなら歯を磨くという動作は、常に私たちの生活の中の一コマになっているからだ。もともと歯ブラシを使って口の中を清潔に保つという習慣がなかった日本に、西洋の文化であるブラシを使って歯を磨くという習慣が浸透し、その時代の流れとともに、“清潔にする”という習慣が、“見た目の美しさ”にも気を使う時代へと変わった。その時代の変化は、私たち現代人の歯に対する悩みをも少しづつ変革している。

“口元を少しでも美しく見せたい”誰もが思う自然なことだが、それに付きまとう不安要素と言えば、医院の雰囲気であったり、施術にかかる費用だったり…。

しかし、今日はそんな美容歯科に対する不安要素を拭い取ってしまう歯科医院をご紹介。

有馬歯科医院の特徴

POINT1:セラミック初心者でも安心

常に“住みたい街ランキング”の上位に食い込む、おしゃれタウン中目黒は、雑貨、アート、カフェなど、幅広いジャンルのショップが混在する大人の街。そんな気品漂う、中目黒駅から徒歩7分のところに位置するオレンジのマークが目印の『有馬歯科医院』。

「セラミックを使って口元を今よりもきれいに見せたいけど、高価なので手が出せない…」そんな悩みを抱えている方も少なくないのでは?特にセラミック治療を経験したことがない方にとっては、かなりハードルを高く感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなセラミック治療を初めて受けるあなたに、ぜひおすすめしたい『有馬歯科医院』のセレックシステム

セレックシステムとは、まず3D光学カメラで口腔内を撮影し、そのデータとコンピューターを連動させ、専用の機器を使い、セラミック素材の詰め物やかぶせものを作成するもの。細部まで作成できるため、削った部分も確認できるのだそうです。最先端でかつ、高技術な上に仕上げりも早く、そして何と言っても安価にできることがこのセラミック治療システムを行う上でのメリットと言える。

また、年々利用する人が増えているというのがインプラント。そもそもインプラントとは、医療器材を人の体に埋め込むことの総称。歯の他にも心臓のペースメーカーや人工関節、美容目的で入れるシリコンなど、これらもインプラントの一種。インプラント治療は歯を失った箇所にインプラントを埋め込み、独立した歯として機能させることで、見た目も自然で自分の歯と同じような感覚で噛むことができるのが特徴。

『有馬歯科医院』では、インプラント治療を始める前にインプラントのメリット、デメリットを説明した上で進めていく。患者さんに安心してと治療を受けてもらえるように、慶應義塾大学病院歯科・口腔外科と連携し日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医が手術を行う。しっかりとした大学との連携で、初めて手術を受ける人でも手術に対する不安を軽減してくれるだろう。

 

POINT2:患者さんに寄り添ったカウンセリング

幼い頃から父や祖父の姿を目にしていたため、歯医者としてあらゆる人の歯を治療する姿が身近にあり、気がつくと、歯医者としての道を目指していたという有馬院長。東京歯科大学を卒業後、10年近く慶應義塾大学病院で経験を積み、原点でもあるここ『有馬歯科医院』に戻ってきた。

長年に渡り足を運んでくださる患者さんの中には、祖父の代から通っている方もいらっしゃるのだとか。1世紀という長い歴史を紡いできたのは、『有馬歯科医院』の技術だけではなく、より多くの人を笑顔にしたいという思いも大きな要素と言っても過言ではない。

「どんな人でも気楽に通って足を運んでほしい」と話す有馬院長。歯科医院と聞くと多くの人がイメージするのがあの“キーン”と鳴る音や、治療中の痛み…。そう言った怖いと感じるイメージがあり、行かなくては思っていても「足取りが重たくなってしまう」と思ったことがある方も多いのでは?

しかし『有馬歯科医院』では、電動麻酔を使用しゆっくりと麻酔をするため、麻酔特有のあの痛みを最小限にして治療を行う。そのため、歯医者に通うたびに待合室でヒヤヒヤしていたあなたも安心して治療できること間違いなし。

またカウンセリングでも、しっかりとあなたの声と口内の状態を理解した上で治療を行う。年齢に合った治療を心がけているため、あなたのライフスタイルまでをもしっかりと把握して治療を進める。ここからも“患者さんに寄り添って、患者さんに合った方法を探したい”という思いがうかがえる。

 

POINT3:幅広い層から地域に愛される

『有馬歯科医院』は、もともと現在の院長の曽祖父が1921年に開業して始まった。どんな時代も患者さんの笑顔のために懸命に治療をし続けてきて、今では4代目院長のもと設立100周年を迎えようとしている。

1世紀という長い間、人々から親しまれる『有馬歯科医院』。そこまで長い歴史を持つ歯科医院は日本でも数少ないのだとか。そんな『有馬歯科医院』のシンボルでもあるオレンジ色のマークは、祖父の代から変わっていないのだそう。

中目黒と言えば、高級住宅街というイメージが強い。そんな中目黒にある『有馬歯科医院』は、老若男女問わず、幅広い層の患者さんが訪るそう。

 

また最近は、新たにこの街へ越してくる人が増えたそうで、そういった患者さんは口コミを聞いて足を運んでくださる方もいらっしゃるのだとか。患者さんの中には、小さなお子さんをお持ちの方も多いそうで、さまざまな年代の方が集まる『有馬歯科医院』は、まるで中目黒に古くからある“みんなの憩いの場”のような存在。

『有馬歯科医院』は、歯科医か歯科衛生士しか在籍していないため、クリーニングだけをとっても、しっかりとした知識と技術を持った歯科衛生士が施術を行うため、精度の良い治療を受けられることも多くの方から信頼されている理由の一つだ。

また万遍なく患者さんへケアが行えるように、合計10名以上の歯科医と歯科衛生士が在籍しており、より多くの確かな目で歯の状態などを確認してもらえるので、初めての方も安心して足を運ぶことができる。

有馬歯科医院へのアクセス

医院詳細

名称 有馬歯科医院
住所 東京都目黒区青葉区2-21-13 トーア青葉台マンション1階
 電話番号 03-3972-1801
診療時間 (月・火・水・木・金)9:30~13:00 /14:30~19:00
(土)9:30~13:00/14:30~17:00
休診日 日曜・祝日
ジャンル 一般歯科・予防歯科・美容歯科
アクセス 「中目黒駅」より徒歩約10分
駐車場 なし

ライターから一言

時代とともに進化してきた私たちの食文化。それに伴い、歯に対する考え方や、関心もだんだんと変わってきた。その変化の中で常に変わらないものが『有馬歯科医院』にはある。

それは、“どんな人でも気軽に通ってほしい”という患者さんへの思いやりと、“患者さんに寄り添った方法を探したい”という熱い思いだろう。そんな『有馬歯科医院』のトレードマークでもあるオレンジ色が表しているのは、開業当時から決して薄れることのない医院が持つ温かさなのかも知れない。

あなたもぜひ、私たちの健康を口の環境を通して、そっと温かく見守ってくれる『有馬歯科医院』へ足を運んでみてほしい。

関連キーワード
歯医者の関連記事
  • 【“泣かせない歯医者さん!20年後も虫歯ゼロ!”おとなとこどもの経堂歯科】|経堂
  • 【もう歯医者さんなんて怖くない!確かな治療と安心感 キッズデンタル|成城|目黒|麻布】
  • 【中目黒の四代目院長を独占取材‼️】有馬歯科医院|中目黒
  • 【みんなの笑顔の中心アルファデンタルクリニック|南鳩ヶ谷】
  • 【下北沢に根付いた歯科医院は幅広い診療で患者様の歯を健康を守る場所だった】下北沢西口歯科クリニック|下北沢
  • “赤ちゃんからお年寄りまで誰でも頼れる”岡本歯科医院|鵜の木
おすすめの記事