【卵とケチャップの最高マリアージュ!渋谷の絶品オムライス特集】|渋谷

子供から大人まで老若男女全ての人が愛するグルメ。それは“オムライス”です。トマトケチャップの酸味がアクセントのチキンライスには、小さく刻んだ鶏肉と玉ねぎが味を締めており、そのライスを包み込む優しい卵が日本人を虜にする味なのでしょう。

そんなオムライスにも、近年は幅広い種類が増えてきています。定番の洋食屋などで見かけるケチャップオムライスから、高級感のあるデミグラスソースのオムライス、それ以外にもソースやライスの味に変化を持たせた変わり種メニューまで、幅広いオムライスが続々と登場。

東京都内にはオムライスが人気の飲食店が連ねている中で今回ご紹介するのは、東京の中心街である“渋谷”。渋谷周辺には、今もなお数多くの人々が訪れる絶品オムライスがあります。シンプルな味付けながらも、人を魅了する美味しさをもつオムライス。そんな絶品オムライスを渋谷で食べてみてはいかがでしょうか?

ファウスト

(引用元 :instagramより抜粋)

京王井の頭線神泉駅を降りて少し歩くと、渋谷区立松濤美術館の近くにある洋食屋『ファウスト』。ここのオムライスが絶品で有名なのをみなさまご存知でしょうか?

真っ白の外観が外国風な洋食屋『ファウスト』は、中に入るとカウンター後ろにお酒が並んでいてバーのような空間。それもそのはずで、『ファウスト』は夜の10時まで営業しており、お昼は洋食屋ですが夜はお酒も提供しているお店です。

そんな『ファウスト』の名物オムライスは、TVや雑誌メディアにも度々取り上げられることで、渋谷周辺で有名なんだとか。デミグラスソースがかかったトロトロの半熟卵のオムライスは、口に入れるととろける柔らかさです。デミグラスソースの濃厚で芳醇な香りと生クリームのまろやかさがオムライスを包み込み、贅沢な味わいを楽しめます。中のケチャップライスは、食べ応え満点ですがあまりの美味しさに女性でもペロリと食べれちゃうはずですよ!

渋谷駅から少し離れた神泉は、都会の中心でありながら落ち着いた印象の街並み。そんな神泉にある洋食屋『ファウスト』は、オムライスをはじめ北海道の名物料理のエスカロップやナポリタンも提供しています。昔ながらの洋食屋メニューも、『ファウスト』の手にかかれば高級レストラン顔負けの絶品料理に。みなさまもぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

(引用元 :趣味の為に生きていく。より抜粋)

施設紹介

【名称】ファウスト

【住所】〒150-0046  東京都渋谷区松濤2-14-12

【電話番号】03-3460-2546

【営業時間】11:30~22:00

【定休日】日曜・祝日の夜は定休

【アクセス】京王井の頭線「神泉駅」から徒歩3分

京王井の頭線「駒場東大前駅」から徒歩11分

【駐車場】近隣に有料駐車場あり

ラケル宮益坂店

(引用元 :instagramより抜粋)

昭和38年に創業したオムライスの専門店『ラケル』。その初店舗が渋谷にあるのをご存知でしょうか?赤玉卵にこだわったオムライスは、素朴でありながらも優しい味わいです。ラケルのオムライスと、ラケルパンはお店の顔。オムライスを食べるのにぴったりなほんのり甘い味わいが魅力。

イギリス湖水地方の田園風景をイメージした店内や、食器、スタッフたちのユニフォームがお洒落で可愛らしい雰囲気がありますよね。赤いチェックのテーブルクロスがみなさまにもイメージされることが多いのではないでしょうか。

オムライス専門店『ラケル』の中でも人気のメニューは、“KUKUチキンライスのモッツァレラチーズオムライス”。モッツァレラ入りのチーズの入ったチキンライスは、パンチの効いた味わい。ふっくらした卵に包まれたライスとトマトケチャップのコンビネーションが抜群の品です。

『ラケル』には、その他にも多くのオムライスメニューを揃えているので、何回足を運んでも新たなオムライスの味に出会えるのが魅力的なお店です。そんな『ラケル』の一号店である『ラケル宮益坂店』は、宮益坂沿いにあるため駅からのアクセスがいいのも特徴のひとつではないでしょうか。

創業から長い歴史のある『ラケル宮益坂店』のこだわりオムライス。渋谷に足を運んだ際には、その味に舌鼓みしてみてくださいね!

(引用元 :本店の旅より抜粋)

施設詳細

【名称】ラケル宮益坂店

【住所】〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-12-9 東豊エステートビル B1F

【電話番号】03-3407-9221

【営業時間】11:00~21:30

【定休日】年中無休

【アクセス】JR「渋谷駅」から徒歩4分

【駐車場】近隣に有料駐車場あり

チャモロ

(引用元 :instagramより抜粋)

渋谷から一駅ほど歩いた恵比寿の近くにある洋食屋『チャモロ』。昭和48年から続く渋谷周辺の方々から愛され続ける洋食店『チャモロ』のオムライスは絶品で贅沢なメニューです。

人気No.1メニューのオムライスの上には、大きな牛タンがドンっと乗っています。デミグラスソースがかかった牛タンはスプーンでも切れるほどのホロホロに煮込まれています。なんと、牛タンだけでも下処理した後に7~8時間ほど煮込んでいるのだとか!デミグラスソースが染み込んだ牛タンは頰が落ちてしまうほどの美味しさです。

シンプルなバターライスを半熟卵が包んだオムライスは、シンプルな味わいながら濃厚でスパイシーなテイスト。デミグラスの味を邪魔せず、強烈なハーモニーを感じさせるオムライスは、『チャモロ』でしか味わえないでしょう。ここのオムライスを食べたら最後。他のデミグラスソースのオムライスが食べられなくなってしまうほどの魅力が詰まっています。

見た目もインパクト抜群な『チャモロ』のオムライスは、最後の一口まで飽きのこない味わいで、ペロリと平らげてしまうこと間違いなし!渋谷周辺で見て楽しい、食べて楽しいオムライスを求めるなら、ぜひ『チャモロ』へ!

(引用元 :みんなのごはんより抜粋)

施設詳細

【名称】チャモロ

【住所】〒150-0022  東京都渋谷区恵比寿南1-2-8

【電話番号】03-3710-7631

【営業時間】月~木 12:00~14:30/

金・土 12:00~14:30/19:00~22:30

【定休日】木曜・日曜

【アクセス】JR「恵比寿駅」から徒歩3分

【駐車場】近隣に有料駐車場あり

ライターから一言

オムライスは魅惑の料理だと私は思います。チキンライスを包み込んだ半熟卵。その上には、真っ赤なトマトケチャップがかかり、赤と黄色のコンビネーションが光るその料理は、子供の頃から食卓に並ぶだけでもテンションが上がった思い出があります。

お店で食べるオムライスは、家で食べるオムライスとは味付けも全く違い、どちらか優劣をつけることなんてできないほど、どちらも魅力溢れる料理です。そんなオムライスは、大人になってもその味の虜になる人々が多いからか、洋食屋でなくともオムライスを提供しているのを見かけますね。

しかし、せっかくオムライスを食べるのであれば“絶品オムライス”にお金も時間もかけたいもの。今回は、東京都渋谷区周辺のオムライス特集。眠らない街・渋谷と呼ばれるほど、賑やかな街並みが特徴的な渋谷ですが、そんな渋谷でも舌を巻くような絶品オムライスが食べることができるのです。

子供の時から好きなあのケチャップと卵の味。あなたもきっと、食べたくなること間違い無しでしょう。今日はオムライスの気分。そんな時は渋谷に足を運んでみてはいかがですか?

関連キーワード
グルメの関連記事
  • 【特別な日をより素敵に彩る六本木の夜景スポット|3選】
  • 【薬膳の力で体を健康に!漢方料理が美味しい東京のお店を大特集!】|東京
  • 【大手町で楽しむプチ贅沢ランチ厳選3選】|大手町
  • 【卵とケチャップの最高マリアージュ!渋谷の絶品オムライス特集】|渋谷
  • 【今流行りの浅草グルメはこれだ!浅草で食べ歩きできる人気グルメ特集】|浅草
  • 【昭和の下町感溢れるあたたかな街・高円寺で行きたいお洒落なカフェ大特集】|高円寺
おすすめの記事