“気軽になんでも相談できる”地域を温かく見守る【江北駅前おひさま内科・小児科】

足立区に位置する江北は、ファミリー層も多く暮らすエリアで、駅周辺は静かで落ち着いている印象の街です。

江北駅より歩いて2分のところに位置する『江北駅前おひさま内科・小児科』は、今年の5月にオープンしたばかりの新しいクリニック。

『江北駅前おひさま内科・小児科』のあるメディカルモール1階部分は、薬局になっているため院外処方の場合でも、薬を1階で受け取ることもでき、とても便利です。無料パーキングスペースも6台分あるので、車での来院も大丈夫。

今日は、そんな『江北駅前おひさま内科・小児科』を取材してきました。

気軽に足を運べる“かかりつけ医”

患者さんが“ここに来て良かった”と思ってくださることが一番だと思っています

「患者さんの中には、症状を治したいということよりも、“誰かと話す”ということを目的として足を運んでくださる方もいらっしゃいます。患者さんのお顔を見て、聴診器を当てる、それだけでも“自分も診てもらえるんだ”という安心感につながることがあります。私は名医でなくても、地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供していきたいと思っていますね。」と語ってくださったのは、院長を務める朝日良一さん。穏やかな話し方と、優しい笑顔が特徴的な方です。

良一さんは、日本医科大学を卒業後、30年以上にわたりこの江北エリア中心に多くの方の健康を見守ってきました。一度は現役から身を引きますが、患者さんから「ずっと先生に診てもらいたい!」という多くのお声をいただき、今年の5月にこの『江北駅前おひさま内科・小児科』をオープンしました。

患者さんの中には、3世代にわたって足を運んでくださる方もいらっしゃるそうで、良一さんが地域の“かかりつけ医”として多くの方から親しまれいるということを強く感じました。

新たな選択肢としての漢方治療

「こういった選択肢もあるんだな」と思っていただけたらいいなと思っています。

『江北駅前おひさま内科・小児科』では、漢方治療も行っています。

「不定愁訴と言われてしまう患者さんたちをたくさんみてきたんですが、それがどうしても僕にはしっくりときませんでした。もちろん西洋のお薬でも良いものはあるのですが、決まりきったお薬しかないので、それだけを処方していくのも僕にはしっくりとはきませんでした。その症状にあったお薬を飲めば、ちゃんと症状は治ってくれるんです。お薬も選択肢が多ければ多いほど、より多くの患者さんひとりひとりにあった治療ができるということで始めました。」と語ってくださったのは、副院長を務める公一さん。

お父様である良一さんの姿を幼い頃から見ていたこともあり、気がつけば公一さん自身も医師を目指していたのだとか。

公一さんは、新潟大学を卒業し順天堂大学にて放射線科専門医として博士号を取得しました。その後は、総合診療科・内科・小児科、救急および漢方の診療と日本スポーツ協会のスポーツドクターなども兼任し、獨協医科大学埼玉医療センターの総合診療科の立ち上げにも携わるなど、豊富な現場経験をお持ちです。

「なるべくはやく症状を良くしたい!」「薬の数を減らしていきたい」という方いらっしゃいませんか?そんなあなたに一度、試していただきたいのが『江北駅前おひさま内科・小児科』の漢方治療です。

『江北駅前おひさま内科・小児科』では、さまざまな検査機器を豊富に取り揃えています。良一・公一さんともに、画像診断や読影に関しても知識や経験が豊富で、特に超音波による画像診断などは中でも得意分野なのだとか。

親子2人の専門分野を生かしたスピード感のある治療

なるべくその日に診断がつくような診療を目指しています

「患者さんとしては、症状が気になっているから足を運んでいるのに、『では検査は次回にしましょう』と言われてしまうのでは、とても不安に感じてしまうと思います。そこで、当院ではなるべくその日に診断がつくような診療を心がけています。もし特殊な検査が必要と分かれば迅速に大きな病院を紹介するのも、“かかりつけ医”としての責任だと思っています。」と語ってくださった院長の良一さん。

『江北駅前おひさま内科・小児科』では、さまざまな検査機器を豊富に取り揃えています。良一さん・公一さんともに、画像診断や読影に関しても知識や経験が豊富で、特に超音波による画像分析などは中でも得意分野なのだとか。

MRIやCTなどの特殊な検査が必要となった場合もお任せください。『江北駅前おひさま内科・小児科』は、近隣のあだち江北メディカルクリニックや水野記念病院や画像専門で車でお迎えのある、滝野川メディカルクリニックや東京クリニックにもご紹介して当日に画像の説明が可能です。

なお、重篤な病気が見つかった時や救急で治療が必要な際は東京女子医科大学東医療センター、日本医科大学附属病院、獨協医科大学埼玉医療センター、順天堂医院、東部地域病院などの近隣の高度専門医療機関とも連携しているため、迅速に対応することが可能です。

詳細

【名称】江北駅前おひさま内科・小児科
【住所】東京都足立区江北4-29-5 KJ メディカルモール2階
【電話番号】03-3856-0130
【診療時間】9:00~13:00/14:30~18:30
【休診日】日曜・祝日
【アクセス】「江北駅」より徒歩2分

ライターから一言

今回取材させていただいた『江北駅前おひさま内科・小児科』は、とても開放的で明るい雰囲気が印象的なクリニックでした。名前の通り自然とおひさまのような笑顔が溢れる、そんな優しさが溢れているのを感じました。

その優しく温かな雰囲気があるのは、院長である良一さんと副院長の公一さんの和気あいあいとしたお二人の人柄が表れている証なのだと感じました。

患者さんの症状を診ることはもちろん、患者さんひとりひとりと向き合い診療に当たっている真摯的な『江北駅前おひさま内科・小児科』。

些細なことでもお困りのことがあれば、一度『江北駅前おひさま内科・小児科』へ足を運んでみてください。

関連キーワード
内科, 小児科, 医療の関連記事
  • 【経験値は80年!?】膠原病疾患だけでなく内科全般に対応してくれる『山中内科・リウマチ科クリニック』|神保町 – 小川町
  • “気軽になんでも相談できる”地域を温かく見守る【江北駅前おひさま内科・小児科】
  • 【子育て初心者でも大丈夫!】気軽に足を運べる小児科3選|豊島区
  • “心の届く診療”をめざして【さいたま胃腸クリニック】|大宮
  • “自分は大丈夫と思ってない?”健康診断が行える内科3選|渋谷
  • 【風疹は未然に防ぐ】江戸川区でおすすめしたい内科3選
おすすめの記事