【二人の実力派医師が幅広い症状に対応】秋葉原駅から徒歩4分・岩本町駅直通のEKIクリニック|内科・皮膚科・整形外科

総合病院に出向いたものの、”この症状はうちの科の専門ではない”と言われ、院内の別の科の待合室で再び長い時間待たされる…。

“多分この症状は風邪だろう”と思い、内科専門のクリニックに足を運んだところ、実際は逆流性食道炎と診断され、消化器科専門のクリニックに再度足を運び直した…。

体調が優れないからと足を運んだ先の施設で、このようにたらい回しにされたり、別の施設に出向く手間がかかったら、時間を取られることはもちろん、さらに体調が悪化してしまいますよね?

とくに仕事をされている方であれば、”貴重な時間を割いているのに…”とストレスさえも感じられると思います。

この記事を目にされた方がそんな辛い思いをされないために…。

今日は幅広い症状に対応可能な、実力派医師二名が常駐する総合的なクリニック「EKIクリニック」をご紹介したいと思います!!

秋葉原駅から徒歩4分・岩本町駅直通の「EKIクリニック」であれば経験・知識ともに豊富な、二人の医師の連携により、確実かつ短期間での治療を受けることが可能。

また、そのオールマイティな対応力と、確実に症状を直すことに重点をおいた信頼ある治療力から「他の施設に足を運んでもよくならなかった症状が、ここに来たら治った」と話す患者様も多く、口コミや紹介で「EKIクリニック」を訪れる患者様も少なくありません。

そんな頼れるビジネスマンの味方「EKIクリニック」の特徴をさらに詳しくお伝えしていきます。

EKIクリニックの主な特徴

POINT1:痒みと投薬の悪循環を断ち切る真の治療を

慢性的な皮膚炎で定期的に身体の患部に痒みが生じる中、塗り薬などで抑制しても、再び痒みが現れ患部を掻いてしまう、さらに薬を塗ってもまた痒みが現れる…。

皮膚科にかかる中でこのような悪循環に陥ってはいませんか?

果たして、医師から伝えられた病名や処方された薬、本当に信頼できる、自身に的確なものですか?

「患者様に分かりやすく説明するために、本当は別の病名であるにも関わらず、馴染みある病名を伝えて解決しようとする」「他の患者様などと症状を比較し、おそらくはこの薬で効くだろう」と無難な薬を処方する…。

悲しい事実ですが、医師本位の診療や薬の処方を行う皮膚科が、今の世の中には溢れているんです。
他の病院や皮膚科専門のクリニックにかかり、症状の改善が見られなかったと「EKIクリニック」に足を運ばれる方も多いそうですが、このような患者様に多い共通点が、本来の病名とは違う、医師にも患者様にも馴染みある病名で一括りにされてしまっているという事実。

一つ例をあげるならば、聞き馴染みのある『アトピー性皮膚炎』という病名で一括りにされてしまうケースです。

「EKIクリニック」に来院する前には『アトピー性皮膚炎』と診断された患者様に、実際カウンセリングや、触診などを通し、いろんな方面から検査を行う結果、『脂漏性皮膚炎』と呼ばれる皮膚の炎症だったりすることが多くあるのだそう。

このように「EKIクリニック」では、馴染みのある病名で一括りにするような診察や検査は一切行いません。

「EKIクリニック」で行なっているのは、症状や病名を物理的にきちんと判断し、一人ひとりの患者様に適切な治療、また最小限の期間で完治を目指す治療

具体的にいうのであれば、炎症を起こしている患部を掻かせない、悪循環を起こさせない、最小限の期間で確実に治すということに重点を置いた治療です。

POINT2:通い続ける治療ではなく、確実に短期間で完治ができる再診の患者様が少なく、初診の患者様が多いクリニック

『ステロイド=体に影響があるもの』そう考えていらっしゃる方が非常に多いように思いますが、では『なぜステロイドが身体に悪いと思いますか?』と質問されてあなたは答えることができますか?

この問いかけに答えることができる方は限りなくゼロに近いように思います。

なぜなら、「ステロイドが身体に良くない」という確信ない情報がマスコミやメディアに流れ、漠然と一人歩きしたことが現実であり、この見解に関しては皮膚科の医師の中でも漠然とした意見しか述べることができず、『ステロイドが身体に悪いもの・副作用が起こるもの』という確証はどこにも存在しないからです。

実際、ステロイドは用法・容量をきちんと守れば、完治できないと思われていた皮膚病などを身体に害なく、きちんと完治させることができる薬だと齋藤医師は語ります。

「EKIクリニック」では薬の使い方や知識、自宅での正しいケアの方法も丁寧に教えていただけるんです。

実際、私の友人がアトピー性の皮膚炎で、子供の頃からひどい痒みと改善しない症状を抱えていることもあり、個人的に齋藤医師に症状や改善法はないかと尋ねたところ、“皮膚の周期に合わせた治療を行い、症状がある本人自身もしっかりとケアに励んでくれれば、慢性的な皮膚炎でも完治させることができますよ”というアドバイスをいただくことができました!

人間の皮膚がターンオーバー(肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりのこと)をする期間は1サイクル4ヵ月です。

この皮膚のターンオーバーの周期をきちんと理解し、その期間に合わせてしっかりとスケジューリングを行なった治療や、用法・容量を守った投薬をすれば、長期に渡って悩まされていた重度の皮膚炎もほとんどが完治させることができるんです。

このように確かな根拠と実績をお持ちの齋藤医師のアドバイスに、とても納得ができ、早速友達に「EKIクリニック」を紹介しました!

「EKIクリニック」であれば、このターンオーバーの周期に合わせたケアを数回で完治が可能なため、再診の方が少なく、口コミや情報を頼りに初診の方が多く訪れるクリニック。

そんなところも「EKIクリニック」の魅力の一つです。

POINT3:さまざまな分野で専門の知識を持った二人の医師が常駐するクリニック

「EKIクリニック」の魅力を語る上で必要不可欠なのが、経験も知識も豊富な二名の医師が常駐しているところです。

実際に患者様とカウンセリングをし、触診・視診・検査などで細かく診療を行う中で、互いの医師の方が適切な治療ができると洞察した際は、つねに連携を図り、その患者様にとって最善の治療を施すことができるような体制をとっているのだそう。

二人で連携を図ることにより、幅広い分野の治療ができ、”身体に不調や違和感を抱えてはいるが、どこのクリニックや専門医にかかっていいか分からない”という方に対しても、柔軟に対応ができるといいます。

また、一般診療はもちろんのこと、お二人の先生はそれぞれの特化した専門分野をお持ちです。

ベテランの内科医として行徳総合病院の内科部長などを務めていた滝川医師は、国立感染症研究所にてC型肝炎などのウイルス性肝炎に対する研究にも熱心に取り組まれていた経歴をお持ちであり、風邪や高血圧症、生活習慣病などの治療はもちろん、肝臓や膵臓・腎臓などの大切な臓器に関わる消化器疾患に対しての知識も非常に豊富です。

また、滝川医師をベテランの内科・消化器内科の医師と呼ぶのであれば、一方の齋藤医師は皮膚科・整形外科医の実力派医師と呼ぶことができます。

元々美容に興味をお持ちであった齋藤医師は、横浜南共済病院にて皮膚科医として研修を受けられる中、やけどなどの形成外科を通し、整形外科に転科をされるのですが、協友会船橋総合病院、雅会山本病院、修世会木場病院にて医長・部長に就任される中、形成外科を兼任し、さらには美容外科も広く学ばれたのだそう。

それぞれの専門分野を持ちながらも、お互いの専門科目の一般診療も柔軟に対応することができる二人の先生に”さまざまな分野の勉強をされることは大変ではないですか?”と尋ねてみたところ、滝川医師、齋藤医師ともに『知識が増えることは医師である自分自身にとっても、患者様にとっても非常にプラスなことであり、必要不可欠なことである』とおっしゃられた姿がとても印象的でした。

これほどにオールマイティかつ専門的な医師が常駐しているクリニックは稀少ですよね?

「EKIクリニック」は幅広い病状に柔軟に対応できる偉大な二名の医師からなる、患者様にとって心強いクリニックです!

POINT4:ベテランの腕と幅広い深い知識を持った内科医師による、最短かつ最適な治療を提供

上記でも書かせていただいたように「EKI クリニック」では、さまざまな知識や経歴をもつ滝川医師による、専門的な内科や消化器内科の治療も可能です。

元々は救急外来などで、生死に直接関わるような深刻な病状の患者様を多く見てきたという滝川医師。

もう治療の施しようがないと分かっていても、何とか患者様に生きてほしいと全力を尽くす毎日は、言葉にできないほどに辛い日々だったといいます。

そのため、「EKIクリニック」の院長に就任し、自らがさまざまな病気の治療を施すことで、たくさんの患者様の笑顔が見られることがとても嬉しいのだそう。

そんな滝川医師が、患者様によく使用する検査がエコー検査です。

過酷な過去の経験やさまざまな研究に携わっていたこともあり、内臓・肝臓・膵臓・腎臓・脾臓などの消化器官の病気に関しても、ベテランの知識がある滝川医師であれば、謎の腹痛や、体内のどこで異常が起きているか分からないような不調でも、症状を見落とすことなく、きちんとした病名と治療法を提示してくださります。

また、『患者様にとって満足できる治療を行う』ことを常に心がけているという滝川医師は、患者様の症状や意思を聞く中で、治療期間や投薬に対しても、なるべく患者様の希望に沿った期間や治療法で完治を目指すことを心がけているのだそう。

秋葉原というオフィス街の土地柄から、仕事の合間や退勤後に重い身体を引きずって来られるビジネスマンの方々も多いのですが、その方達の視線に立ち、いかに効率よく、一人ひとりの患者様にあった方法で身体を健康に戻すかを考えながら、日々治療を行なっているといいます。

『EKIクリニック』は”忙しなく働く人の味方”と言えるクリニックです!

POINT5:岩本町駅から直通・秋葉原駅からも5分とアクセス良好!

“体調が悪く病院を受診したいけれど退勤後にやっている病院がない”、”診療を受けたいけれど、お昼の休憩時間しか時間が取れない…”

日々仕事に追われる毎日を送っている方などは、このように診療にかかることを断念され、市販の薬などで症状を凌がれるケースも多いのではないでしょうか?。

健康があってこその日常とは分かっていても、職務に対する責任感などに駆られ、”病院に足を運ぶ時間がないから…”と仕事を優先してしまう。

これでは症状の改善までに時間がかかってしまいますし、症状が悪化し、より深刻な状況に陥ってしまう可能性も十分にあります。

“症状が軽いうちに病院で診察を受けておけば良かった…”

『忙しなく毎日を送られている方がこのような辛い思いをしないために』

そのような願いから誕生したクリニックこそが「EKIクリニック」です。

「EKIクリニック」であれば、都営新宿線「岩本町駅」から直通、駅を出ずに駆け込むことが可能なため、時間があまり取れない方や、仕事に追われてる方でも、隙間時間などで足を運ぶことができる上、夜も20時まで診察が受けられます!

また天候が悪い日に雨に濡れたり、スマートフォンの地図と葛藤しながら、重い身体を引きずって歩く必要がないところも大きなメリット。

こんなにも立地が良く、働く人々に優しいクリニックって本当に貴重だと思うんです。

“なぜこのような駅から直結した場所でクリニックを開院したのか?”と尋ねたところ、『忙しくて病院に行くことが難しい方にこそ、しっかりと治療を受け、健康な身体である必要がある』と思ったからだと齋藤医師は語ります。

さらに「EKIクリニック」であれば『通っていただく診察ではなく、最短で確実に直す診察』を受けることも可能。

ビジネスマンにとって少しでも通いやすく、味方になれる「EKIクリニック」のようなクリニックを今後も増やして行きたい、それが齋藤医師の今後の展望だといいます。

EKIクリニックへのアクセス

店舗詳細

 

名称 EKIクリニック
住所 〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-14 秋葉原KDXビルB1F
電話番号 03-6206-0710
営業時間 10:00~14:00 / 16:30~20:00
定休日 土曜・日曜・祝日
ジャンル 内科・皮膚科・整形外科
アクセス 都営新宿線「岩本町駅」A3出口 直通(徒歩0分)
JR線「秋葉原駅」より徒歩 5分
駐車場 近くにコインパーキング有

ライターから一言

開院前の早い時間にインタビューにお伺いさせていただいたのですが、インタビュー終了後には、すでに待合室に患者様が数名。

確実な腕と、幅広い知識を持たれている専門医が複数名常駐されていることもあり、「EKIクリニック」には、毎日たくさんの患者様が訪れています。

また、お昼時や17時以降は会社勤めの方で待合室が埋まってしまうことも多々あるそうですが、スタッフの方の連携や一人ひとりのスムーズかつ親切な対応から、あまり待たされたという感覚がなく診療にかかることができるところも「EKIクリニック」の魅力の一つだと思います。

毎日忙しなく過ごされている方、身体の不調を我慢してまで責任感をもち仕事をされている方、もう辛い不調を我慢する必要はありません。

最短で適切な治療が可能な「EKIクリニック」であればきっと力になっていただけます!!

関連キーワード
医療の関連記事
  • 【“泣かせない歯医者さん!20年後も虫歯ゼロ!”おとなとこどもの経堂歯科】|経堂
  • 【もう歯医者さんなんて怖くない!確かな治療と安心感 キッズデンタル|成城|目黒|麻布】
  • 【夏直前でも間に合う!ニキビ治療が行えるクリニック3選|品川】
  • 【中目黒の四代目院長を独占取材‼️】有馬歯科医院|中目黒
  • 国分寺に糖尿病を専門的に診療するクリニックがここにあった!カワセミマークが目印の国分寺内科クリニック|国分寺
  • 【地域の人々に寄り添った総合的な治療を目指す関内の総合内科を独占取材!】街に愛されて早50年の大通り公園クリニック|関内
おすすめの記事