【早朝7:30から診察可能!】通い続けたいと思える “確かな技術” に注目『奥沢すばる動物病院』

かかりつけの動物病院に満足できていますか?

ワンちゃんやネコちゃんと生活していると、必ず利用する機会のある「動物病院」

 

動物病院も私たち人間の病院と同様に、設備や規模・治療や予防の方法、さらに診療費など、それぞれ違いがあり千差万別です。そして、動物病院で働く獣医師さんやスタッフの方々も十人十色、診療に対する考え方はさまざまです。

頼れる獣医師さんに出会え、家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんの健康を守り、最適な診療を受けさせることができたら飼い主の皆さんも安心でしょう。

 

そこで、今回は奥沢駅から徒歩1分と好立地に位置し、奥沢の街に溶け込んだおしゃれな内観が印象的な『奥沢すばる動物病院』をご紹介します。

笑顔が素敵な宮院長は、言葉の端端から動物好きであるのが伝わる優しく素敵な獣医師さんで “ワンちゃんやネコちゃん、そして飼い主さんの心に寄り添った診療” が魅力。

夜間救急病院での経験から得た宮院長にしかできない確かな治療にも注目です。

 

 

頼れるまちの獣医さん『奥沢すばる動物病院』

病院とは思えないナチュラルモダンな雰囲気の待合室。

全体的に木を基調とした温かみを感じさせる空間には宮院長のこだわりが詰まっています。

病院を訪れるワンちゃんやネコちゃんは何かしらの悩みを抱えていることがほとんど。待合室での時間は飼い主さんにとっては不安との戦いで、その心情は少なからずワンちゃんやネコちゃんたちにも伝わるのだそう。

ワンちゃんやネコちゃんたちに余計な負担をかけてしまうことにもなり兼ねない、この状況を打破すべく “ちょっとでも落ち着いた心持ちでいられるように” と現在の『奥沢すばる動物病院』の待合室が完成しました。

動物たちに嫌われることの多い「動物病院」ですが、散歩の途中で入りたがるワンちゃんもいるんだとか。

 

 

朝7:30から土日も休まず診療!

以前は夜間救急病棟で勤務されていたという宮院長。

夜間病院というと朝6時頃までというのが通常の営業時間です。そして普通診療の病院が受付を開始するのが9時から10時頃。

察しのいい方ならもうお気付きかもしれませんが、つまりその間にどうしたらいいか分からない “空白の時間” が生まれてしまうのです。

宮院長はその空白の時間にもし何かあったら、と不安を抱える飼い主さんたちのために早朝7時30分からという大きな一手に挑戦したのです。

「奥沢駅」から徒歩1分という好立地に位置することから、お仕事の前に診察をしてもらってそのまま病院に預けて出社するというスタイルの利用者もいるようで、早朝診療のメリットは多岐に渡ります。

いつもと様子の違うワンちゃんやネコちゃんをお家に1人残してお仕事に行くのは気がかりなもの。そんなときにはぜひお願いしたい嬉しいシステムですよね。

 

 

特色ある豊富な診療科

動物病院も診療科が細かく分かれていることを知っていましたか?

動物病院と聞くと、ペットのことで何か不安な症状があればなんでも受け付けてくれるイメージがあり、獣医師さんはどんな病気にも対応できるのでは?と思ってしまいますが、そこは私たち人間の病院と同じで、先生たちにも得意・不得意があります。

『奥沢すばる動物病院』の宮院長は救急医療を軸においた呼吸器診療のスペシャリストなんだとか。

 

 

呼吸器診療

呼吸器科のある大学を卒業され、研究室でも呼吸器について多くのことを学んだことから、もともと呼吸器診療には興味があったといいます。

さらに救急病棟に勤務されたことで、ダイレクトに生死に関わる「呼吸器疾患」を診療することが多くなり、よりその魅力を感じたのだそう。

そんな宮院長、これまでの経験からレントゲン写真だけでは判断のつかない、より根本的な病変を咳の出方などから導き出すこともできるのだとか・・。

どこに異常があり、どのくらいの危険性があるのか」瞬時に判断できる医師を知っている、それだけでも安心できるポイントです。

街の動物病院で「呼吸器診療」を謳うところはあまり耳にしません。

大学病院のような大きな病院と一次診療を担う街の小さな病院の架け橋のような存在になれればと宮院長は言います。

咳がなかなか止まらないワンちゃんやネコちゃんに不安を感じているのなら、一度『奥沢すばる病院』の宮院長に相談してみてはいかがでしょう。

 

 

産科診療

ワンちゃんやネコちゃんの出産は自然と生まれてくるもの、自宅でできるものと考えている人が多く “安全” と思いがちではないですか?

もちろんそのイメージ通り、特に問題なく出産を終えるワンちゃんやネコちゃんたちもいますが、みんながそうではありません。私たち人間だって同じですよね。

特に難産になりやすいのが “小型犬” だそうで、細かいケアはもちろん正確な情報をもつことがとても重要なんだとか。

そのために「産科診療」を取り入れて、定期検診を行えるようにしたのです。

問題なく分娩できそうか、それとも帝王切開になるリスクが高いのか、飼い主のみなさんが把握できているかそうでないかでワンちゃんやネコちゃんの出産をより安全に見守ることができるでしょう。

そのほか、ワンちゃんやネコちゃんの妊活についても相談できるようです。

 

 

救急診療

ベースは「救急診療」である宮院長。救急診療は生死に関わる緊迫された診療科です。

『奥沢すばる動物病院』では、宮院長のこれまでの経験から緊急性を要するのか、そうでないのかの区別を瞬時に判断し、院内で対処できない症状のワンちゃんやネコちゃんたちは急いで大きな病院に搬送するなど、そのときの状況に合わせて適宜対応をしています。

夜間救急はどうしても治療費が高額になってしまうことから、少しでも負担を減らしたいという宮院長の思いで営業時間に関係なく電話での相談も可能です。

緊急を要さないものであったり、街の動物病院でも対処できるような症状なら治療に対応してくれるのも飼い主さんにとっては安心のポイント。

痛みや症状を直接訴えることのできないワンちゃんやネコちゃんだからこそ、経験豊富な宮院長にお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

 

コロナ対策

・予約診療制
・入り口、診察室、待合室等に消毒薬を設置
・待合室にオゾン発生器設置
・待合室のCO2濃度測定(換気の指標)
・スタッフの体温測定ならびにスタッフのワクチン接種

 

詳細

【名称】奥沢すばる動物病院
【住所】〒158-0083 東京都世田谷区奥沢3丁目45-1 欅ビル 1F
【電話番号】03-6425-8049
【営業時間】〈 月 – 金 〉7:30 〜 12:00 / 15:00 〜 19:00
      〈 土日 〉7:30 〜 12:00 / 14:00 〜 17:30
【定休日】毎週木曜・不定期祝日
【アクセス】「奥沢駅」より 徒歩1分

 

ライターから一言

動物病院を選ぶとき、最も重要なことは「飼い主さん自身が、その病院と獣医師を信頼して任せることができるか」という点であることです。

体調が急に悪くなったとき、私たち人間であればどこがどのような症状で辛いのか、言葉にして表現することができますが、ワンちゃんやネコちゃんは言葉を話すことはできせん。

信頼できる動物病院を知っていると何かあったときに安心ですよね。

ワンちゃんやネコちゃんの、そしてその飼い主の気持ちに寄り添い、確かな技術で治療を行う『奥沢すばる動物病院』であれば、間違いなく信頼できる動物病院と言えるでしょう。

  • 【早朝7:30から診察可能!】通い続けたいと思える “確かな技術” に注目『奥沢すばる動物病院』
  • 【犬の“ほいくえん・ドッグスクール”】BUDDYSのサービスを完全網羅!|用賀
  • 【コミュニケーションとは⁉️暖かくて安心の動物病院】あやべ動物病院|池上
  • 【小さな変化は大きなSOSかも?】気軽に足を運べるどうぶつ病院|江戸川区
  • 【“ちょっとした変化でも気軽に相談できる”アビス動物病院|学芸大学】
  • 【“ワンちゃんやネコちゃんだけでなく飼い主さんも笑顔に”江東どうぶつ医療センター】
おすすめの記事