【日々の色味をよりあなたらしく 自由が丘 家具】|厳選3選

日々の生活より、一層自分らしく彩る家具。人のスタイルが十人十色なように人に寄り添う家具も十人十色。今回は自由が丘よりオススメの家具厳選3選紹介します。

 ACME Furniture

引用元:Interior Shop Guideより抜粋

vintage

創業35年の家具・インテリアショップ。バイヤーによってアメリカ各地から1950~70年代のヴィンテージ家具や雑貨をセレクト。熟練した専門職人により繊細なメンテナンスを施しています。

オリジナルプロダクトは、創業35年の歴史の中で培われた技術と経験によって制作。アメリカン・ヴィンテージから得たインスピレーションをベースに、丁寧にテイストを抽出し表現。ヴィンテージに限りなく近いオリジナルの商品と、ヴィンテージの個性と魅力を最大限でアウトプットします。

 

We Are “CRAFTSMAN”

(引用元:HOUYHNHNMより抜粋)

商品のほとんどが50年代、60年代、70年代を彩っていた商品ばかり。しかし経年劣化により塗装がはがれ扉が開かなくなり、脚が折れたりとアメリカではもうほとんど使われなくなった家具です。

ACMEでは「古いものを大切に」という精神のもと、すべての商品をフルメンテナンス。しっかりとしたクラフトマンシップを感じる家具たちを発売当時の色味に戻し、さらには存在していた「味」は残す。

アップデートされた商品達は圧巻の存在感です。

Original

(引用元:ACME Furnitureより抜粋)

創業35年。当時からブレずに年代をそろえ見続けた目からできるoriginalの商品は驚きしかありません。当時を彩った形を丸のまま再現した商品や、現代のテイストとミックスさせた商品など、いずれもクオリティの高さが素晴らしい商品ばかり。

一流の色味を放つこの商品達はその人のスタイルを一層際立たせてくれる日々を提供してくれます。

メニュー一覧

original お問い合わせください
vintage お問い合わせください

 

店舗詳細

名称 ACME Furniture
住所 東京都目黒区自由が丘2丁目17−7
電話番号 03-5731-9715
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし
ジャンル 家具・インテリア
アクセス 自由が丘駅より徒歩10分
駐車場 なし

ライターから一言

家具のパターン、色味がとことん忠実です。商品を丁寧に雰囲気に沿って並べられた館内は博物館や美術館のような雰囲気に包まれています。 50年~70年の色味が好きな方、是非足を運んでみてください。

MOMO NATURAL


(引用元:MOMO NATURALより抜粋)

New Zealand

 時代のファッションリーダーであるよりも、永遠のスタンダードメーカーでありたい。そんな思いから物を作り続けるブランド。製品のほとんどは地球への負担を少しでも軽減したいという気持ちから、30年間サイクルで計画的に植林されるNew Zealand産の木材を使っています。

カット、研磨、塗装、組み立てなど、ひとつひとつの行程に職人の手が加えられる製法は数年後、数十年後、と自分の暮らしにしっくりと馴染んできます。その家具になくてはならない個性が自分の個性と的確に絡みます。

natural

(引用元:MOMO NATURALより抜粋)

商品のほぼ全てが年代など関係のないパターン。ほとんどすべてnaturalな色味を放つ商品ばかり。ほかの家具達と組み合わせても邪魔をせず寄り添ってくれます。
なるべく着色していないムク材の素のまま色味は温かみを与えてくれます。

雑貨

(引用元:MOMO NATURALより抜粋)

雑貨や生活道具のクオリティがとても高いです。家具のサイズ感に合わせて見合う雑貨のサイズ感も豊富にあります。いい家具を買ってもどうしても雑貨や小物が合わないというのはよく聞く話ですが、ここでは一切こういうことがなく安心して雰囲気にあった家具を揃えることができます。

メニュー一覧

家具 お問い合わせください
雑貨 お問い合わせください

店舗詳細

名称 MOMO NATURAL
住所 東京都目黒区自由が丘2丁目17−10 ハレマオ 自由が丘ビル 2F
電話番号 03-3725-5120
営業時間 11:00~20:00
定休日 なし
ジャンル 家具・インテリア
アクセス 自由が丘駅より徒歩10分
駐車場 なし

ライターから一言

塗装の少ない商品達は色味が綺麗でとても生活に馴染みやすいです。雑貨のクオリティも非常に高い。一式揃えなくても自分の家具の色味にあった商品が間違いなく見つかります。

Oak Village

(引用元:Oak Villageより抜粋)

再生資源

1974年創設当初から、持続可能な循環性社会を目指し、木という”再生可能資源”によるモノ造りを続けているブランドです。もともと全ての商品をフルオーダー、家具工房として始まったOak Villageは国産の資材に関する豊富な知見をもとに飛騨高山に受け継がれる木工の伝統工法を駆使した「100年使える家具」を提供してくれます。

大きなモノは木造建築から小さいものは筆箱まで。どれも木材の温かみが伝わる商品になっています。

Kabanoデスク

(引用元:Oak Villageより抜粋)

木材を適材適所で使い分けます。日本で多く育つ広葉樹・カバの木を使用した「kabanoデスク」のシリーズ。堅くて緻密な木質だからこそ表現できるエッジ(稜線)を際立たせたデザイン。用途に沿った木材を使用しているため経年変化も楽しむ事ができ、長く使う事ができます。

建築

(引用元:Oak Villageより抜粋)

一般的な家具を取り扱い、家まで作るブランド。その家は木材の特性を活かし、木組みの長所を最大限に活用。その為金物を一切使わない建築をします。とても高度な技術からできる家は1世紀住み継ぐ事が前提。

美しい木組みの家に自然素材を組み合わせ理屈なし。素材のあたたかな質感を感じられるその土地の気候や環境。その人のスタイルに相応しい「地産地生」の家づくりを心がけています

メニュー一覧

kabanoデスク お問い合わせください
お問い合わせください

店舗詳細

名称 Oak Village
住所 東京都目黒区自由が丘2丁目15番22号
電話番号 03-5731-3107
営業時間 11:00~19:00
定休日 なし
ジャンル 家具・インテリア
アクセス 自由が丘駅より徒歩10分
駐車場 なし

ライターから一言

木材の長所を理解した職人が作るので経年変化も無理のない雰囲気で変化していく為、とても生活に馴染みやすく飽きが来ず使えます。結果として長く使える印象です。

おすすめの記事